法人化手続き(2)定款/登記申請作成

<< 

 >>

こんにちは。

やっと10月のピークを乗り越える事ができました。

なぜか、私しがこの業界で仕事を始めてから常に9月〜10月は1年間中で一番忙しい時期になります。

4月に付いた予算執行において半年後にリリースしやすいのか?半期の区切りだからなのか?

不思議なことです。

そして、今年も3クライアントが同時にピークが来ると言う奇跡が起きていました。

周りの協力もあり、すべて無事にクライアントの依頼を終えることができました。

改めて、ありがとうございました。

 

その様な中、年明け早々には法人化する計画ですので、社印を用意したり、定款を作成したり、設立登記申請書を作成したり、スタートアップを一緒にする従業員を捜したりと、着々と進めております。

法人化を司法書士さんにお願いする選択肢もあるのですが、勉強にも経験にもなりますので自分でやることを選択したので、このような事態に陥っています。

以前に比べて法人化する敷居も資本金にしても、手続きにしても下がっているようで、なんとか手探りでもできるんですね。

私しは「株式会社のつくり方がすぐわかる本〈’14〜’15年版〉」を購入して、順番に進めていきました。

とは申しましても、そのままでは進めませんでしたので、

定款については、練馬公証役場さんに電話やメールで相談、事前に定款のチェックを頂いたり、

設立登記申請書は、法務局さんに電話したり、ホームページを参考に致しました。

 

定款は普段意識する事がないので気が付くことはなかったのですが、各社の意思がチラホラしていることが読み取れて面白いものでした。

楽天、ヤフー、上場しているコンサルタント会社など、いくつか参考にと思って見回したのですが、どのような事業を考えているのかが垣間見ることができた次第です。

ビジネスプランがあるものの、そこから派生する事も考えていくと、事業目的の作成は悩みに悩みました。

会社の根幹となる部分ですから、当たり前なのでしょうが。。。

最終的には、練馬構成役場さんからのアドバイスも頂きまして、下記の7つにしました。

 1.情報処理・提供サービス業

 2.ITコンサルティング

 3.コンピュータシステムの企画、設計、開発、運用、保守、管理および販売

 4.インターネットサイトの運営

 5.書籍、電子出版物の企画、制作および販売

 6.有料職業紹介事業

 7.前各号に付帯する一切の業務

 

ほぼほぼ、登記の準備も完了してきましたので、11月は認証を頂いたり、手続きを進めていきます。

徐々にですが実感が湧いてきて、身が引き締まってきます。

 

 

そして本日は、20日ぶりの休みだったのですが朝から目が覚めてしまいました。

そしてゆっくりできるはずなのに、緊張感が解けずにゆっくりできない自分がいます。(涙

なので、朝から掃除したり、書類の整理したり、ブログを書いたり、いつでもできる事をやって、クールダウンをしております。

損な性格です。(涙

 

みなさま、お身体を壊されませんように。

ご自愛ください。

<< 

 >>